Copy
View this email in your browser
 

〈4月販売開始〉

ソシエテ・アミ
societe AMI
ラヴニール メールマガジン  2022/4/6-No.372R 

~ラヴニールの最新情報をお届けします!~

 

新時代ブルゴーニュ!


ブルゴーニュ新時代を代表する生産者
「ソシエテ・アミ」

生産量がとても限られている為、なかなか一般にご案内出来ないでいたソシエテ・アミ。
この度若干ではございますが、ご案内出来ることになりました!
この機会をお見逃しませんように!

 
①自然派のコンビ
 
名門ドメーヌで経験を積んだ2人がタッグを組んだ!

②新世代のブルゴーニュ
 SO2極小にもかかわらずオフ・フレーバーもなく、
 「ピュア」で「エレガント」な新しいブルゴーニュの誕生!


③世界中のTOPがこぞって採用
 最高のワインを探し求めている
 世界中のTOPカヴィスト、ソムリエらが
 真っ先に買いに走った!
2人の自然派デビュー

ソシエテ・アミは、2014年に2人の友達(アミ)により設立されたとても小さいネゴシアンです。ウィリーは、ヴォルネィの名門ドーヌ・ドゥ・モンティーユで経験を積み、その後オーセ・デュレスでビオディナミを実践するドメーヌ、クロ・デュ・ムーラン・オー・モアンヌで醸造家として働いております。もう一人のポールは、ロンドンやパリでテイスターとして研鑽を積み、また偉大な栽培醸造家、オロンス・ド・メレールやドミニク・オーヴェットらの基で経験を積み、シャンパンメゾンのブリューノ・パイヤールで販売を担当しておりました。

 
ソシエテ・アミの設立

ムーラン・オー・モアンヌで2年に渡り共に働き意気投合した2人は夢を語り合い共同でネゴシアンを設立しましたが、初ビンテージは2014年、未だ生産量は僅かな為、2人ともムーラン・オー・モアンヌでの耕作請負の仕事を継続しながらソシエテ・アミの運営に当たっております。希望に燃える2人は幸運な事にマランジュ1級畑などを自社畑として手に入れ、使用するぶどうは全てビオ或いはビオディナミで栽培し、高品質ワインの生産に邁進しております。アルタベール・ジュリアンやピエール・クレールとワイン学校で同級生だったウィリーの縁で、ドミニク・ドゥラン、フレデリック・コサール、サルナン・ベリュ、ファニー・サーブルなど名高い生産者の協力も得ながら卓越した品質のワインを生み出しました。すでに彼らのワインはパリで高い評価を得、コアンスト・ヴィノ、フレンチ、アガペ、カーヴ・デ・パピーユ、ヴェール・ヴォレ、バラタン、、etc.などといった並みいる名店でいち早く楽しまれ、販売されております!

 
新時代ブルゴーニュの味わいとは?

ソシエテ・アミの新時代ブルゴーニュを代表する味わいの所以は、ピュアな果実味と酸に裏打ちされたフレッシュ感、そしてミネラルのバランス取れた味わいです!

是非ともお取り組みください~
【2019年ヴィンテージの特徴】
春の遅霜の被害が少々ありましたが健全なぶどうが収穫でき、酸が乗りとてもバランスいいぶどうを得ることができました。
年々品質を確実に上げてきたソシエテAMIでは、今回のリリースで過去最高のワインをご紹介することが出来ました!
【ACブルゴーニュのラベルについて】
ラベルのイラストは、地球温暖化でおかしくなった雲を表しています。気象の変動で、霜・雹・嵐・乾燥・熱波などが多くなりました。畑仕事も温暖化に対応したものに変えなければなりません。畑仕事をしていると毎日空を見上げます。ウイリーの父が初めて行った仕事はマッキントッシュ・コンピューターのセールスマンでしたが、ラベルの図案は、そんな温暖化の象徴である雲を80年代当時のアップルのロゴに擬え表現しました。
【AMIを販売しているレストラン等】
ワインショップ
カーヴ・デュ・パンテオン/カーヴ・デ・パピーユ/オー・ボン・ヴァン/ラ・パール・デ・ザンジュ・ニース(2020年RVFフランス最高ワインショップ)/ロデール・オ・ヴァン(コペンハーゲン・ソルフィン)
ワインバー
パリ:ギャルド・ローブ/レ・ザルロ/ビリリ(フーディング2020年パーム賞)/マリー・セレステ/レ・ダロン/ラタッシュ/ボンヌ・アヴァンチュール(フーディング2020年最優秀ワインバー)
地方:ヴィア・デル・ヴィ(ペルピニャン)/ルロワ(ロンドン)
レストラン
パリ:アガペ/ヴェール・ヴォレ/シャトー・ブリアン/ローブ・エ・ル・パレ/ラ・ルネッサンス/ル・パッサージュ/ジョン(フーディング2020年賞)
地方:ラ・ディレタント(ボーヌ)/エトランジェ/フレンチ(ロンドン&パリ)

 

アリゴテ・スキン 2018 

ブルゴーニュ地方 
(白・辛口) 
参考上代4,900円(税別)
品種:アリゴテ
アリゴテ最良のコミューン、ブーズロンの隣村Chassey le Campsの砂質粘土、東向きの畑で有機栽培された樹齢45年のぶどう。半分を除梗した粒の状態で10日間醸し、半分は即圧搾し発酵。6年樽にて10か月、澱引きもバトナージュもせず発酵熟成、清澄もフィルターにも掛けずSO2も加えず翌年の6月に瓶詰め。

とても淡い色合い。純粋で、タンニンとミネラルが合わさった筋の通った味わい。
生産量僅か900本。

 
 

ブルゴーニュ・ブラン ”ラ・テット・ダン・レ・ニュアージュ” 2019 

ブルゴーニュ地方 
(白・辛口) 
参考上代5,200円(税別)
品種:シャルドネ
モンラッシェから県道を渡った東側に位置するコルポー村の買いぶどう(ビオ転換中)と、自社ぶどうシャッセ・ル・カン村の東向き、粘土質石灰土壌に植わる樹齢35-40年のビオ転換中のぶどう使用。

全房を即圧搾。樽とタンクにて野生酵母の自然な働きで発酵、細かい澱と共にバトナージュも澱引きもせず、80%古樽&20%タンクにて12か月熟成。コラージュ、フィルターには掛けず、瓶詰め時のみ亜硫酸1.5g/hl加え瓶詰め。

イエローの色調。黄桃の温かみある黄色果実風味豊か。厚みある口当たりで、心地よい酸が現れ、ミネラル感ある余韻がエレガント。
生産量3200本

 
 

サン・ロマン・ブラン  2016 

ブルゴーニュ地方 
(白・辛口) 
参考上代6,800円(税別)
品種:シャルドネ
標高350m南西向き粘土質石灰土壌。樹齢35年のビオ、ビオディナミで栽培された買いぶどうを即圧搾。

澱引きして5-10年樽に入れ発酵、シュールリーにて10か月熟成。コラージュ、フィルターには掛けず、2g/hlと僅かにSO2を加え2ヵ月後に瓶詰め。

レモンピールの香り、ミネラル感ある味わいで上品な複雑味がある。
生産量900本

 
 

サン・ロマン・ブラン ”スー・ロッシュ”
エルヴァージュ・ロング
2014 

ブルゴーニュ地方 
(白・辛口) 
参考上代7,900円(税別)
品種:シャルドネ
初ヴィンテージ。とても寒い冬で強靭な酸が残った。樽熟中強い還元状態に陥った為、長期樽熟(エルヴァージュ・ロング)を決断。

買いぶどう、ビオ、樹齢40年、リューディ”スー・ロッシュ”、粘土質石灰土壌。

全房を即圧搾。古樽にて野生酵母の自然な働きで発酵、細かい澱と共にバトナージュも澱引きもせず、100%古樽にて36か月熟成。コラージュ、フィルターには掛けず、瓶詰め時のみ亜硫酸2.5g/hl加え瓶詰めした後48か月以上瓶熟。

深みのあるイエローの色調。落ち着いた香りで、ミネラル感を感じる香りに黄桃的黄色果実風味。自然な口当たりでありながら硬質的な酸を感じ、バニラやトリュフなど熟成により生まれたブーケが織りなす重層的な味わい。
生産量900本

 
 

サントネ 1級 ”クロ・ルソー” ブラン 2017 

ブルゴーニュ地方 
(白・辛口) 
参考上代8,900円(税別)
品種:シャルドネ
標高300m南向き粘土質石灰土壌で常に有機栽培された畑のぶどう。古樽にて澱引きを一切せず1年間熟成、清澄もフィルターも掛けず、僅かにSO2を添加し9月に瓶詰め。
エレガントさが際立ったキュヴェ。

淡いイエローの色調。白い花、洋ナシの果実味。透明感ある純粋な味わいの中に複雑さがあり、とてもエレガント。ミネラリーな余韻。
生産量600本。

 
 

ブルゴーニュ・ルージュ ”ラ・テット・ダン・レ・ニュアージュ” 2019

ブルゴーニュ地方 
(赤・辛口) 
参考上代5,200円(税別)
品種:ピノ・ノワール
2区画のぶどうで、80%はサントネ南部のコニューン”シャッセ・ル・カン”の自社畑、20%はサントネの買いぶどう(ビオ)、粘土質石灰土壌。

タンクの底に破砕した全房ぶどうを入れ果汁を出し発酵を促進し、上部に破砕しない全房ぶどうを投入。発酵が進まないタンクのみ3,4日若干ピジャージュ実施。最適発酵温度28度で15日間醸し、12ヶ月古樽にて熟成後、2区画のワインをブレンド。清澄・フィルターせず、亜硫酸1g/HL添加し瓶詰め。

縁が黒みかかった明るいルビー色。ダークチェリーの赤黒果実風味主体的。口に含むと心地よい酸を感じ、プラムなど赤黒果実風味が口中に広がる。
生産量3300本
 
 

コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ 2016 

ブルゴーニュ地方 
(赤・辛口) 
参考上代6,800円(税別)
品種:ピノ・ノワール
樹齢35-40年の粘土石灰土壌に植えられた買いぶどう。除梗せず全房をステンレスタンクで15日間醸し。ピジャージュ4回、ルモンタージュ実施、25-28度の低温で醸し。5-10年の古樽に入れ発酵を終え、10か月熟成。コラージュ、フィルターには掛けず1g/hlと僅かにSO2を加え2か月後に瓶詰め。

淡いルビー色。スミレなど赤から紫色の花の香り。梅のジワっと来る果実味に、カカオやカフェ、バニラ、シナモン、甘草など少々香ばしい香りが続く。程よくタンニンがあり、構成の整った味わい。
生産量900本

 
 
※イメージ画像
ソシエテ・アミについて
ラヴニール4月試飲会
<完全予約入れ替え制>
必ず下記案内書をご覧の上、予約サイトから
ご希望時間枠を選択の上お申し込み下さい!
申し込み後のキャンセルも可(必ずご連絡下さい)

ソシエテ・アミがお試し頂けます!
↓↓↓↓↓
4/13(水)ラヴニール月例試飲会<東京>酒販店様対象 申込サイト
4/14(木)ラヴニール月例試飲会<東京>飲食店様対象 申込サイト
大阪でもラヴニールワインをお試し頂けます
↓↓↓↓↓
4/21(木) CPVルクレアシオン試飲会<大阪> 申込サイト
ラヴニール最新カタログ(スペイン他) ダウンロード
ラヴニール最新カタログ(フランス版) ダウンロード
★ 発注についての注意事項 ★
※ご注文は下記ファックス、或いはアドレスにメールにてお願いします。
※誤納防止のためご発注の際は「商品名+ヴィンテージ」をご記載ください。
 (ヴィンテージが複数ある商品がございますので、ご協力お願いいたします。)
   FAX : 03-6730-2781
   EMAIL : info@lavenir-wine.com
 
このメルマガについてのご意見・ご要望は、Eメールでお寄せください。
mail to: news@lavenir-wine.com

ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。
Facebook
Website
Email
Instagram
ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。

株式会社ラヴニール
l'Avenir -Convivialite autour du Vin-

★ラヴニールワインの効能★
Step1 もっと飲みたくなります
Step2 人に薦めたくなります
Step3 感謝されちゃいます
≪くれぐれも、飲みすぎにはご注意ください!≫

Copyright ©L'Avenir Co.,Ltd., All rights reserved.
Tel.03(6457)5982  Fax.03(6730)2781
www.lavenir-wine.com

Mail Magazine 専用news@lavenir-wine.com
 
メールアドレスの変更をご希望の方は、こちらからお願い致します
メール配信停止をご希望の方は、こちらからお願い致します