Copy
View this email in your browser
 

〈9月販売案内〉

スロボドネ
SLOBODNE VINARSTVO 

ラヴニール メールマガジン:2021/9/7 -No.326R


ラヴニールの最新情報をお届けします

 
久々の新入荷は、純粋さとフレッシュ感がアップ!
 
「鳥男」との異名で多くのファンを鷲掴み(?)にするスロバキアの「スロボドネ」から、久々に新ワインが一挙入荷しました!どのワインも、実に個性的で魅力的、しかも今回入荷したワインは、より純粋さとフレッシュ感がアップ!今の時期、間違いなくお楽しみ頂ける味わいです~

しかも、このたび「スロボドネ」グラス(?!)も同時入荷!
何ですか、それ??
実は、「オレンジワイン」用に特別に開発されたワイングラスなんです!これでスロボドネ飲むと、美味しさ倍増!!!
詳しくは下記ご覧ください。

では、今月もどうぞよろしくお願い申し上げます!
これが「スロボドネ」グラス
オレンジワイン用に特別に開発されました!
「スロボドネ」グラスのユニークなフォルムは、
スロボドネのぶどう畑の近くで盛んに栽培されているケシをモチーフに
つくられました!
あたり一面このケシ畑が広がっている風景は、実に幻想的
実を割ると、ご覧の通りたくさんのケシの実が・・
これを絞って油を取ったり、料理に使ったりします。
”ヤク”をつくっている訳ではアリマセン。。
実は、この「スロボドネ」グラスを輸入するようになったのには、ある出来事がありました。
2年前スロボドネを訪問した際、畑に向かう道すがら、車窓からケシ畑が広がっているのが見えました。そのあまりの幻想的な光景に、私は茫然としておりました。そんな私の様子に気付いたカタリナは、車を降りてケシを見ようと言ってくれました。ひとしきりケシを見てからまた車に乗り、ぶどう畑に向かいました。

ご存知の通り、その年の末からコロナ過が始まることになるのですが、当然外国へ渡航することも海外生産者を訪問することも出来なくなりました。今年の初め、突然航空便で小包みが届きました。開けてみると、ワイングラスと手紙が入っておりました。その手紙はカタリナからで、こんなことが書かれておりました。

「コロナになって、お互いを行き来することが出来なくなってしまいました。せめてこのグラスでスロボドネを飲んで頂き、お互いの想いを交わせたら嬉しいです。」と

ホント泣けました。そこまで想ってくれて、本当に嬉しく思いました。

そのグラスが、この「スロボドネ」グラスです!
もしよかったら、皆様にもこの「スロボドネ」グラスで、スロボドネを味わって、スロボドネに想いを馳せて頂きたいです。

デヴィネール 2018

スロバキア、小カルパチア地方 
(白) 
参考上代3,900円(税別)
ぶどう品種:デヴィン、トラミン半々
デヴィンとはトラミナーとフェルトリナーを交配させたスロヴァキア品種。2002年に粘土質石灰土壌に植えられたぶどう。瓶詰め時に亜硫酸20mg/L添加。
オレンジ掛かったイエロー。際立った香りで、アンズや金木犀にほんのりとヴァニラっぽい香りが漂う。自然な口当たりで、口中にドライアンズなどの果実香が満ちる。心地よい酸があり香りがハーモニーとなり永く続く。最もスロボドネらしい看板ワイン!
 
 

インターバル105 2017

スロバキア、小カルパチア地方 
(オレンジ) 
参考上代3,700円(税別)
ぶどう品種:リースリング100%
共産党の支配下になる以前、リースリングはこの地の代表的ぶどう品種であった。その伝統を再興すべく2008年に再び植えられたリースリングで100年ぶりに造られたのが2012年、「100年ぶりのリースリング」という意味を込めて”Riesling100"と命名された。2017年は5年目なので"Riesling105"!この地で新たなるワインの伝統が再び始まった!お父さんが2008年に植えた年度室石灰土壌のぶどうを90%除梗し、1日3回ルモンタージュしながら7日間醸し。圧搾後卵型プラスチックタンクFlextankにて自然対流しながら10ヶ月熟成。ろ過せず瓶詰め時のみ亜硫酸20ml/L加え瓶詰め。
黄金色掛かったイエロー。ネクタリンや黄桃の果実味豊か。フレッシュな口当たりで黄桃の果実味が口中に広がり、心地よいミネラル感がある。
 
 

 ホッペラ!2020

スロバキア、小カルパチア地方 
(オレンジ、ホップ入り) 
参考上代3,600円(税別)
ぶどう品種:ピノ・グリ100%、ホップ
タンクに搾汁した果汁と房丸のままのぶどう10%入れ10日間醸しと発酵後、別のタンクに発酵果汁のみ移し、ドメーヌ内に野生していたホップを600g(0.14%)加え毎日2回ピジャージュしながら4週間醸し。コラージュ、フィルター、亜硫酸添加もせず瓶詰め。
僅かにオレンジと緑掛かったイエロー。仄かにイグサやタラの芽、セルフィーユなど北のハーブの香り。フレッシュな口当たりで泡はなく、洋梨の果実味。
 

 レベッラ・ロザ 2020

スロバキア、小カルパチア地方 
(ロゼ泡) 
参考上代3,400円(税別)
ぶどう品種:フランコフカ・モドラ、カベルネ・ソーヴィニヨン
フランコフカ・モドラは東欧で栽培されているブラウフレンキッシュの別名。即圧搾後品種ごとに醸造。アルコール発酵はスペイン産アンフォラ(ティナハ)で、その後ブレンドし卵型タンクで熟成。発酵始まったことろで瓶に詰めたアンセストラル方式による泡。
アセロラ色の淡いロゼ。アセロラやチェリーの爽やかな風味。口当たりフレッシュで軽やかなアセロラやチェリージュースの様!
 

ヴロンスキ 2020

スロバキア、小カルパチア地方 
(オレンジ) 
参考上代3,000円(税別)
ぶどう品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%
7-10日間醸し後、卵型タンクにて熟成。ヴロンスキとはローマ時代の人物。貴族政治の女性を誘惑しながらスキャンダルを暴いたロシアの勇敢な官吏。仄かにオレンジ掛かった淡いイエローの色調。瑞々しいグアヴァの香り。グアヴァやミカンの果実味で軽やかな飲み心地。素晴らしいコスパ!
 

  オランジスタ 2019

スロバキア、小カルパチア地方 
(オレンジ) 
参考上代4,000円(税別)
ぶどう品種:ピノ・グリ100%
粘土質石灰土壌のぶどうを90%除梗破砕し、1日3回ルモンタージュしながら7日間醸し。圧搾後、樽と同じように空気を通す卵型プラスチックタンクFlextankにて自然に対流しながら10か月熟成。ろ過せず、瓶詰め時のみ亜硫酸20mg/L加え瓶詰め。
美しい淡めのオレンジ色。オレンジ風味満載!揮発酸があるが、これがカツヲ節のダシの様な旨味を醸し出している。酸もしっかりあり、飲み疲れなし!
 

  クーティス・ピラミッド 2015

スロバキア、小カルパチア地方 
(オレンジ) 
参考上代6,900円(税別)
ぶどう品種:トラミネール主体、デヴィン
皮と共に6ヶ月マセラシオンしたトラミネールと、ピラミッド型カーヴ内の地面に埋めたジョージア製アンフォラで熟成させたデヴィンを、ブレンド後アカシア材樽で3年熟成させ、さらに瓶熟2年を経た特別醸造キュヴェ!優れた年しか造られず、’17,18,19は生産なし。
淡い黄土色。金柑が爆発したような華やかな香り。フレッシュな口当たりで、ほおずきやアプリコット、黄桃の風味が広がる。ターメリックの様にサラサラしたタンニンが心地よい。
 
このピラミッドの中に、
ジョージアの甕職人に埋めてもらったアンフォラがある。
ピラミッドパワーと、古来アンフォラの融合か?!
「スロボドネ」グラス
 
ヨーロッパ随一の技術を持つ
 創業120年の老舗メーカー

洗浄機にも入れられる高強度クリスタル製
※詳しくは下記リンク詳細をご覧ください


【品名】 スロボドネグラス
【規格】 H 241mm × W100mm / 容量460ml
【荷姿】 1パッケージ24脚入り(6脚×4箱)
【価格】 オープン価格



 
<販売条件>
●帳合い先酒販店様にお問い合わせください。
 
 
詳細は下記からご覧いただけます
お客様にこのパンフをご利用いただきご提案頂けます

↡↡↡
「スロボドネ」グラス詳細パンフ
スロボドネについて
スロボドネのワインをご試飲頂けます
<完全予約制>

↡↡↡↡↡
9月9日(木)ラヴニール月例試飲会参加申込書
ラヴニール最新カタログ(スペイン他)ダウンロード
ラヴニール最新カタログ(フランス版)ダウンロード
★ 発注についての注意事項 ★
※ご注文は下記ファックス、或いはアドレスにメールにてお願いします
   FAX : 03-6730-2781
   EMAIL : info@lavenir-wine.com
 
このメルマガについてのご意見・ご要望は、Eメールでお寄せください。
mail to: news@lavenir-wine.com

ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。
ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。

株式会社ラヴニール
l'Avenir -Convivialite autour du Vin-

★ラヴニールワインの効能★
Step1 もっと飲みたくなります
Step2 人に薦めたくなります
Step3 感謝されちゃいます
≪くれぐれも、飲みすぎにはご注意ください!≫

Copyright ©L'Avenir Co.,Ltd., All rights reserved.
Tel.03(6457)5982 Fax.03(6730)2781
www.lavenir-wine.com

Mail Magazine 専用news@lavenir-wine.com
 
メールアドレスの変更をご希望の方は、こちらからお願い致します
メール配信停止をご希望の方は、こちらからお願い致します
 






This email was sent to <<Email Address>>
why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences
wine importer · 2F Ito Bldg. · 4-10 Nsihgokencho · Shinjuku-ku, Tokyo 162-0812 · Japan

Email Marketing Powered by Mailchimp