Copy
View this email in your browser
 

〈3月販売案内〉
ヴィニフィカテ販売開始

ラヴニール メールマガジン:2020/3/4 - No.230R


ラヴニールの最新情報をお届けします

 


 

 
「海のワイン〜ヴィニフィカテ」
 
春到来!
ということで、ヴィニフィカテの季節がやってきました~
一昨年前、彼らのワインが初めて日本に上陸しました
優れたコスパと魅力的な味わいで、とてもご好評を頂きました。
今回ご紹介するワインは昨年入荷した次ヴィンテージで、8か月の熟成を経て、とても良い状態になってきました。

是非とも今、ヴィニフィカテのワインを楽しんで頂きたく、ご案内することに致しました!

ヴァンナチュールの世界で、アンダルシアの
動きに目が離せなくなりました!


1900年代後半の工業化の流れで完全にテロワールの概念が消滅したアンダルシア地方ヘレス。そのヘレスに、30歳代の若手を中心に、テロワールに基づいた自然なワイン造りに帰ろうという動きがつい数年前から起こって来ました!

「ボデガ・ヴィニフィカテ」は、ミゲルとホセのゴメス兄弟によって運営されております。ボデガのあるサン・フェルナンドは、3200年前にフェニキア人が創った港湾都市カディス(ヨーロッパ初の都市と呼ばれている)から10km程南東へ進んだ海沿いに位置します。そのフェニキア人がアンフォラを用いたワイン造りをこの地にもたらしたと云われておりますが、ヴィニフィカテのゴメス兄弟は私たちは何も新しい事はしていない、2~3000年前に行われていたワイン造りを今再現しているだけだ、と語っております。

ヴィニフィカテは、一言で言うなら「海のワイン!」
はるか3200年前に地中海の東からカディスに伝えられたワイン造りに、想いが馳せられます。
海沿いのサン・フェルナンドで育ったゴメス兄弟は海の大自然が大好き。彼らのワインには常に汐の風味があり、白ワインは勿論赤ワインも含めて海の幸がとってもよく合います!ぜひ海の幸と合わせてお楽しみください~
フェニキア人により、地中海の東から西へ
アンフォラを使ったワイン造りが伝えられた
サン・フェルナンドは、ヘレスの一番南

どことなく海を感じさせるカーヴ

 
<販売開始>

アモロ・ブランコ 2018

スペイン、アンダルシア地方 
(白・辛口) 
参考上代2,500円(税別)
ぶどう品種:パロミノ100%
サン・フェルナンドから7kmほど東へ行った、パゴ”マルケサード”Marquesadoにてヘレスの典型的な石灰土壌アルバリサで収穫したぶどうを醸造。この地はへレスに比べ海に近く、涼しい風が吹いてくるためよりフレッシュ感あるワインとなる。タンク熟成により果実の美味しさをそのまま引き出している。黄色みの濃い色合いで、レモンティの様な味わいが特徴。8か月の熟成を経て、ミネラル感とフレッシュ度が増してきた。
 

マハラ・ブランコ”ドラダ” 2017 

スペイン、アンダルシア地方 
(橙・辛口) 
参考上代3,800円(税別)
ぶどう品種:パロミノ100%
ドラダ(鯛)とアルブール(ボラ)は、7日間の醸しという同じ醸造方法の土壌違い。ドラダは”サンルーカル”のアルバリサ(石灰土壌)のぶどう。
茶色掛かったイエロー。ピーチやアプリコットの果実味、蜜っぽい風味にハーヴが香る。やや酢酸系の酸化のニュアンスあり、海近くの野性的な草藪の香りを感じる。酸がしっかり存在しミネラル感富んでいる。

※3ケースのみ
 

マハラ・ブランコ”アルブール” 2017 

スペイン、アンダルシア地方 
(橙・辛口) 
参考上代3,800円(税別)
ぶどう品種:パロミノ100%
ドラダ(鯛)とアルブール(ボラ)は、7日間の醸しという同じ醸造方法の土壌違い。アルブールは”チクラナ”の砂質土壌のぶどう。
茶掛かったイエロー。溌溂としたジューシーなオレンジを感じさせる果実味豊かで蜜っぽい風味あり。より厚みある口当たりで、皮のタンニンを感じる。生産者から、日本の皆様に是非この畑違いを比べて欲しいとメッセージを頂きました!

※4ケースのみ
 

アモロ・ティント 2016

スペイン・アンダルシア地方  
参考上代2,800円(税別)
ぶどう品種:ティンティージャ、テンプラニージョ、パロミノ・ブランコ各1/3
15%はアンフォラで、残りはタンクで15か月熟成。白ぶどうであるパロミノを1/3加えることにより、より飲みやすく軽快な味わいとなっている。明るいルビーの色調、赤果実の良い風味、程よい酸と仄かに残るタンニンが心地よい。キュヴェ名の”アモロ”とは、ラベルの図柄の通り、ボトルから直接ガブガブ飲むこと。まさにガブガブ飲めてしまうワインです!2年の熟成を経て、味わいにまとまりが出てきました。

 
湾の向こうに、フェニキア人がワインをもたらした港湾都市カディスが望める
ヘレス名物イソギンチャクのフリトスなど、海の幸にピッタリ!
ヴィニフィカテについて
ラヴニール最新カタログ(3/4更新) ダウンロード
★ 発注についての注意事項 ★
※ご注文は下記ファックス、或いはアドレスにメールにてお願いします
   FAX : 03-6730-2781
   EMAIL : info@lavenir-wine.com
 
このメルマガについてのご意見・ご要望は、Eメールでお寄せください。
mail to: news@lavenir-wine.com

ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。
ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。

株式会社ラヴニール
l'Avenir -Convivialite autour du Vin-

★ラヴニールワインの効能★
Step1 もっと飲みたくなります
Step2 人に薦めたくなります
Step3 感謝されちゃいます
≪くれぐれも、飲みすぎにはご注意ください!≫

Copyright ©L'Avenir Co.,Ltd., All rights reserved.
Tel.03(6457)5982 Fax.03(6730)2781
www.lavenir-wine.com

Mail Magazine 専用news@lavenir-wine.com
 
メールアドレスの変更をご希望の方は、こちらからお願い致します
メール配信停止をご希望の方は、こちらからお願い致します
 






This email was sent to <<Email Address>>
why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences
wine importer · 2F Ito Bldg. · 4-10 Nsihgokencho · Shinjuku-ku, Tokyo 162-0812 · Japan

Email Marketing Powered by Mailchimp