Copy
View this email in your browser
 

〈9月販売案内〉
リュック・ボエ
Luc Bauer

ラヴニール メールマガジン:2022/9/9 -No.412R
✥飲食店様向け✥

ラヴニールの最新情報をお届けします
 

サヴォアの急峻な山ワイン
山を感じさせるリュックならではの味わい!

今回は、リュックの赤ワイン新ヴィンテージ2種をリリース致します!
実はこのワイン、今年の5月には入荷していたのですが、リリースするタイミングがなく今回のご紹介となりましたー 
元々味わい深いリュックの赤がひと夏越して落ち着き、初秋の今とっても美味しく楽しめると思います。
是非ともお取り組み頂きたいワインです!


 
◎◎◎

ワインの味が分かる本当のプロから絶大なる信頼を得ているリュック。そんな「リュック・ボエ」の魅力の秘密とは、一体何なのでしょうか?


①他にない急峻なサヴォアの山を表現する澄み切った味わい
②ジュール・ショヴェ直系の自然派
③マメなどない安定した味わい

③が何故なのか、ようやく分かりました!
云われてみれば当たり前の事なのですが、もしマメっていたらマメが取れるまで瓶熟させ、マメが取れるまでは決してリリースしないからです!
何てことはないように聞こえますが、これを実践している自然派生産者は、実は意外と多くはないのです。

 
◎◎◎
 

アルジス山塊のテロワールが封じ込められたワイン

この地サヴォア、アルジス山塊を愛するリュックが、そのテロワールをそのまま表現する為に行う自然な栽培アプローチ。そしてその特徴を表現する為にジュール・ショーヴェ博士に学び、ジャック・ネオポールから直接ワイン造りの教えを受けた自然派直系の味わいを、彼のワインから感じ取る事が出来ます。

あまり知られてないかも知れませんが、「ジュール・ショーヴェ」も「ネオポール」も、醸造段階ではその土地を表現する野生酵母に最大限働いてもらうために亜硫酸は添加しませんが、瓶詰め段階ではその表現された特徴をそのまま瓶に封じ込め、抜栓しワインを飲む時にその味わいをそのまま楽しむ為に、僅かの亜硫酸は添加します。

「フィリップ・パカレ」がとても興味深い事を言っておりました。「瓶詰め時に亜硫酸を加えるのは、写真を撮るときにピントを合わせてシャッターを切るのと同じだ。シャッターを切ったその風景を、そのまま瓶に封じ込めて飲んでもらう為だ。」

リュックは、もし必要があると判断すれば瓶詰め時に限って僅かに亜硫酸を加えます。が、加えないことも多いです。リュックのワインは、決してファンキーにどうなってしまうか分からない、といった事はありません。サヴォア、アルジス山塊の風景が、そのまま封じ込められております。
ぜひ皆さまにも、「アルジス山塊」の味わいを楽しんで頂きたいと願っております。
リュックのシンボルは、この山!
その麓には、石灰の土壌が広がる
ここにしかない味わいが、ある
山小屋でワインは造られる。畑の合間には、高山植物が群生。
ドメーヌから向かいの山が見渡せる。
自然派の開祖「ジュール・ショーヴェ」の著作を研究。
アルテス・アン・パラディ”ル・グレ” 2018
サヴォア地方
(白/辛口)

参考上代4,900円(税別) 
ぶどう品種:アルテス100%
斜度20-35度、南南西向き急斜面、灰色泥炭土の下層土に石灰の小石が沢山転がる畑。新品アンフォラ(炻器)、ドゥミ・ミュイ、古樽にて12ヶ月醸造後、6ヶ月タンク熟成。瓶詰時に1g/HLと僅かにSO2添加。瓶詰'20/8/20

とても淡いイエロー。白い花や洋梨の香り、蜜っぽい香り。上記と同じぶどうながらアンフォラを使ったこのキュヴェはより開いていて外交的。自然な口当たりで蜜のある花の香りが広がり、調和した果実と酸、とてもエレガントなミネラル感が、複雑な風味を醸し出している。
600本のみの生産。キュヴェ名は、VDFにはAltesseの表記が認められていないため、Altiesseに。
マンデイ・イズ・ア・ワイン・デイ 2020
サヴォア地方
(赤/辛口) 

参考上代3,500円(税別) 
ぶどう品種:モンドゥーズ3/4、ガメイ1/4
モンドゥーズはセミ・カルボニックで絞ったフリーランのみでアルコール10%。ガメイは樹に実った状態で過熟になったぶどうで、アルコール14%。SO2一切添加しない純粋ぶどうワイン。

紫掛かったルビーの色調。スミレや赤花の豊かな香り。フレッシュな口当たりで溌溂としている。サルビアの様な赤花の風味広がり、赤花の蜜を感じる味わい。とても優しく調和した味わい。
'21.5.5瓶詰め、1300本製造。
ガメイ・ソヴァージュ・デ・モンターニュ 2020
サヴォア地方
(赤/辛口)

参考上代4,000円(税別) 
ぶどう品種:ガメイ100%
標高400m真南向き、石灰の小石が転がる斜面に植わる樹齢60年のビオで栽培された買いぶどう。全房で10日間醸し、タンク熟成後’20.5月にSO2 1g/HL僅かに添加し瓶詰め。600本生産。

明るい僅かに紫掛かったルビー色。高原に実るチェリーやスミレの様な軽やかで繊細な香り。口当たり自然でチェリーのチャーミングな果実味が広がり、綺麗で澄んだ酸が印象的。タンニンも仄かで軽やかで品があり、豊かなミネラルが深みを与えている。まさに山を感じさせる味わい。
コンベルナン、ガメイ&ピノ 2020
サヴォア地方
(赤/辛口)

参考上代4,500円(税別) 
ぶどう品種:ガメイ、ピノ・ノワール
丸い石が多い氷河の堆積土壌、東向きの区画。樹齢50年のガメイに10%2015年のピノ・ノワールを加えている。全房で10日間醸し発酵、12ヶ月ドゥミ・ミュイの古樽で熟成。フィルター掛けず、瓶詰め時に亜硫酸1g/HLと微量添加。

紫の強いルビーの色調。スミレの花やブルーベリーの果実香主体で、木材や燻した香りを感じる。しっかりとした酸を感じフレッシュな口当たり、ブルーベリーや桑の実の果実香が広がる味わい。
モンドゥーズ ”ル・シャトー” 2018 
サヴォア地方
(赤/辛口)

参考上代4,800円(税別)
ぶどう品種:モンドゥーズ100%
モンドゥーズ リュックのワインの神髄とも云えるキュヴェ。石灰の石の堆積する急斜面で実るモンドゥーズをMCで12-13度の低温にて2週間房丸のまま醸した後樽にて熟成。

ややガーネット掛かったルビー色。赤果実と溶けたタンニン、酸に樽の風味が混じり合い、とても深遠で複雑な風味を醸し出している。アルコール度は11度と低く軽やかさがありながらもこの複雑さを兼ね備えている。
ファンダンゴールド 2015-17 - 500ml
サヴォア地方
(白/甘口)

参考上代6,900円(税別)  500ml
ぶどう品種:シャスラ100%
過熟状態で収獲したぶどうを、さらに3か月籠に入れた状態で乾燥させ、1月末にプレスし醸造した所謂ヴァン・ド・パイユ。ダム・ジョンヌと呼ばれるガラス製容器(ボンボンヌ)で熟成させていた’15と’17ヴィンテージをブレンド。alc.15度

茶掛かったオレンジ色。漢方薬や蜂蜜、蕗など山菜や山のハーブの香り。トロッとした口当たりでまるでネクター!アンズや甘草の風味が口中に広がり、スーと消えていく。酸豊かで甘いのに全く重さがなくとてもエレガント!

360本発注したところ、何と生産量が150本のみで、入荷は僅か72本。
※メインラベルの容量印刷が750mlとなってますが、正しくは手書きの500mlです
※在庫7本のみ
ボトル容量500mlのところ750mlと表記されていたので、
リュックはすべてのラベルを手書きで直してくれてました~
リュック・ボエについて
ラヴニール9月試飲会
<完全予約入れ替え制>
必ず下記案内書をご覧の上、予約サイトから
ご希望時間枠を選択の上お申し込み下さい!
申し込み後のキャンセルも可(必ずご連絡下さい)
また、今回もSampleセールを実施致します!乞うご期待!

リュックのワインがお試し頂けます!
↓↓↓↓↓
ラヴニール9月13日、14日月例試飲会案内書
名古屋でもラヴニールワインをお試し頂けます
↓↓↓↓↓
9/28(水) CPVルクレアシオン試飲会<名古屋> 申込サイト
友だち追加
ラヴニール最新カタログ(自動更新) スペイン他版
ラヴニール最新カタログ(自動更新) フランス版
★ 発注についての注意事項 ★
※ご注文は下記ファックス、或いはアドレスにメールにてお願いします
※誤納防止のため、ご発注の際は「商品名+ヴィンテージ」をご記載ください
 (ヴィンテージが複数ある商品がございますので、ご協力お願いいたします。)
   FAX : 03-6730-2781
   EMAIL : info@lavenir-wine.com
 
このメルマガについてのご意見・ご要望は、Eメールでお寄せください。
mail to: news@lavenir-wine.com

ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。
Instagram
Facebook
Twitter
Website
Email
ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。

株式会社ラヴニール
l'Avenir -Convivialite autour du Vin-

★ラヴニールワインの効能★
Step1 もっと飲みたくなります
Step2 人に薦めたくなります
Step3 感謝されちゃいます
≪くれぐれも、飲みすぎにはご注意ください!≫

Copyright ©L'Avenir Co.,Ltd., All rights reserved.
Tel.03(6457)5982 Fax.03(6730)2781
www.lavenir-wine.com

Mail Magazine 専用news@lavenir-wine.com
 
メールアドレスの変更をご希望の方は、こちらからお願い致します
メール配信停止をご希望の方は、こちらからお願い致します