Copy
View this email in your browser
 

〈9月販売案内〉

アドリアン・ド・メロ
ADRIEN DE MELLO
(Domaine de la Petite Soeur)

ラヴニール メールマガジン  2022/9/7 - No.411R

ラヴニールの最新情報をお届けします

 

<販売開始>
疾走するアドリアン

 
今年7月、久しぶりにアドリアンを訪問して来ました。
その時のレポートを、次の通りお伝えします。
アドリアン、只者ではないですよー


疾走するアドリアン

コロナ禍前のアドリアンとは別人のようだ。
顔を合わせるなりアドリアンは、「オレは今とても忙しいんだ」と言った。
それを聞いて、これはまずい時に来てしまったか、と危惧した。
実は彼は、新しく手に入れたカーヴの大改修中で、その作業の真っ最中だったからだ。

そのカーヴはしばらく使われていなかったようで少々古いが、中はかなり広く、設備も造り変えなければならないのでかなり大掛かりの改修工事が必要だった。日本ではなかなか考えづらいが、水道工事から電気工事、収穫ぶどうの受入場、床の工事、台所の改修などすべての工事を自分たちで行っている。以前は小さなカーヴだったので1人ですべてを行っていたが、ここでは1人では到底やり切れない。新たに1人正社員を採用し、他にも1人期間労働者も雇っている。新たに畑も購入したので、当然借り入れをして賄っている筈だ。もう後には引けない。そんな覚悟のようなものを感じた。

2人でアドリアンの車に乗り込み、畑に向かった。照り付ける太陽の下、疾走する車で風に吹かれながら、まさにアドリアンの今を感じた。
従来3haの畑からワインを造っていたが、最近“ジュスティス”という素晴らしい畑を手に入れた。アンジュで最も優れたテロワールと云われる“ショーム”と同じ斜面に並ぶ畑だ。恐らくアンジュで最も標高が高く小高い丘のようになった斜面上にある畑で、アンジュで最も高貴な貴腐ワインのアペラシオンとして知られている。近年はそこから辛口タイプの高品質ワインが造られるようになっていて、辛口でも単独上級アペラシオンを名乗れるようにする動きも起こっているという。

畑に着くなり足早にアドリアンは畑を駆け上がり、ぶどうの樹のチェックをしながら話し始めた。この畑は南東向きで日当たり最高、シストの石が多く畑に転がっている。見てみろと指さされた場所は岩盤が露出していて、表土が薄い。このシスト土壌が、とても薫り高くエレガントなワインにするのだという。ブドウの房はすでにすっかり形成されているが、房は驚くほど小さい。聞くと、台木は収量が多いSO4ではなく、収量が少なく高品質なぶどうができるリパリアだと云う。これを聞いて、アドリアンがこの畑を手に入れた理由がはっきりと分かった。

カーヴに戻り、一緒に試飲した。春の遅霜、さらに雨が多くうどん粉病やべと病に悩まされた2021年は、多くの収穫を失い、ぶどうが熟すのが難しかった年だ。タンクで熟成中のカベルネ・フラン2021を試飲すると、「ピーマン臭い!オレは好きじゃない!」と顔をしかめた。そこまで云う程悪くはないと思ったが、アドリアンには納得がいかないようだ。それに引き換えとてもよく熟したぶどうが得られた2020年のワインは、得意げに「飲んでみろ!」と言った。

自身の求める味わいがはっきり見えているアドリアンは、今でも充分に旨いワインを造っているが、新しいカーヴが完成して、新しく手に入れた畑の栽培も軌道に乗ってくれば、恐ろしく美味しいワインが出来ることは間違いない。

疾走するアドリアン、只者ではない!
ジュスティスの畑から南方を望む
美しい斜面
畑の表面に転がっているシストの破片
露出したシストの岩盤
綺麗に形成されたブドウ
ジュスティスの畑に佇むアドリアン

レ・ガ 2018

ロワール地方 
(橙・辛口) 
参考上代4,700円(税別)
品種:ソーヴィニヨン 100%
’18は夏の初頭ベト病のリスクに晒されるが、よく熟した健全なぶどうが収穫できた。シスト土壌に植わる樹齢30と50年のぶどう。全房で7日間の醸し、圧搾後樽で発酵続け8か月熟成。

輝きのあるイエロー。モクレンなど白花・黄花にレモンクリームの香り。自然な口当たりでエニシダなど黄色い花、黄桃の果実味が口中に満ち、醸し由来の軽いタンニンの苦みを感じる。
 
 

ギャマン 2020

ロワール地方 
(赤・辛口) 
参考上代3,800円(税別)
品種:ガメイ100%
ぶどうが健全に完熟したよい年。シスト土壌に植わる樹齢45年のガメイをビオディナミで栽培。手摘みで収穫し7日間全房で醸し発酵後、7か月ファーバータンクで熟成。コラージュ、フィルターには掛けず、亜硫酸も一切添加せず瓶詰め。

僅かに紫掛かったルビーの色調。苺の熟した香りにやや野性味のある野イチゴやチェリーの香り。優しく自然な口当たりで、可愛らしい赤果実、キュットくる酸があり、浮遊感ある味わい。

 
 

ギャマン 2016
<マグナム>

ロワール地方 
(赤・辛口) 
参考上代8,500円(税別)1500ml×3本入り
品種:ガメイ90%、カベルネ・フラン10%
素直な果実味を最大限兼ね備えたワインを醸したいというアドリアンの言葉の通り、イチゴの心地よい果実味一杯のワイン!ほのかなガスが心地よい。

 
 

グロビュル・ルージュ 2016

ロワール地方 
(赤・辛口) 
参考上代3,700円(税別)
参考上代7,800円(税別) 1500ml×3本入り
品種:カベルネ・フラン80%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%
アドリアンによる2回目のヴィンテージ。ひどい霜害で8割を失った年。全房で15ヶ月醸し発酵後、9ヶ月タンクにて熟成。清澄もフィルターにも掛けず、亜硫酸も添加せず瓶詰め。

黒味掛かったルビーだが透明感もある色調。熟したイチゴの風味豊かで、ほんのりバニラっぽい香りがある。フレッシュ感ある口当たりで苺の風味広がり、程よい酸もあり充実した味わい。
”グロビュル”とはヘモグロビンの意味だが、ぶどうの樹に樹液が巡るのに血液を擬えて命名。

 
 

ゴー・ファスト 2017
コート・デュ・ローヌ地方 

(赤・辛口) 
参考上代3,900円(税別)
品種:グルナッシュ60%、サンソー40%
アドリアンが5年間働いていたシャトーヌフ・デュ・パプのドメーヌ・デュセニュールのビオディナミぶどうで醸造。’17は雨が降らずとても乾燥した年で収量も僅か15hl/ha。全房をステンレスタンクで13日間発酵、次いで8か月タンク熟成。清澄もフィルターにも掛けずSO2も添加せず瓶詰め。

やや淡いルビーの色合い。赤い花のエレガントな香りに、胡椒のスパイスが仄かに薫る。フレッシュで口中に香りが広がり、心地よいタンニンが舌を撫でる。
シャトーヌフのぶどうからこんな軽やかな美味しさのワインが出来るとは驚き~
キュヴェ名は、すぐに飲んで美味しいのでGO FAST !

 
 

エロジェンヌ 2019
ロワール地方 

(白赤・辛口) 
参考上代4,900円(税別)
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン88%、ソーヴィニヨン・ブラン12%
’19は霜害で収穫の50%を失ったが、凝縮して高品質なワインが出来た年!
樹齢50年のカベルネを10日間セミ・カルボニックで醸し、発酵終了2か月後にレ・ガのソーヴィニヨンを12%ブレンドし、ファイバータンクで8か月熟成させ、SO2も一切添加せず瓶詰め。

エロジェンヌとは性的興奮を引き起こす場所、つまり性感帯の事。このキュヴェは女性の体の様に軽やかで滑らか。ひとくち口にするととてもエロい味わいが満ちる特別なワイン!

 
 
アドリアンの人間性が表れたバックラベル。
収獲に参加した全ての人に、感謝の意を表している。
プティット・スールについて
ラヴニール9月試飲会案内
<完全予約入れ替え制>
必ず下記案内書をご覧の上、予約サイトから
ご希望時間枠を選択の上お申し込み下さい!
申し込み後のキャンセルも可(必ずご連絡下さい)
また、今回もSampleセールを実施致します!乞うご期待!

アドリアンのワインがお試し頂けます!
↓↓↓↓↓
9/14(火) ラヴニール月例試飲会 <東京>申込サイト
名古屋でもラヴニールワインをお試し頂けます
↓↓↓↓↓
9/28(水) CPVルクレアシオン試飲会<名古屋> 申込サイト
友だち追加
ラヴニール最新カタログ(スペイン)ダウンロード
ラヴニール最新カタログ(フランス) ダウンロード
★ 発注についての注意事項 ★
※ご注文は下記ファックス、或いはアドレスにメールにてお願いします
   FAX : 03-6730-2781
   EMAIL : info@lavenir-wine.com

※ご注文は下記ファックス、或いはアドレスにメールにてお願いします。
※メールでのご注文の際は、件名に発注、もしくは注文と明記してください。
※誤納防止のため、ご発注の際は「商品名+ヴィンテージ」をご記載ください
 (ヴィンテージが複数ある商品がございますので、ご協力お願いいたします。)
※リーファー便配達地域外の場合は、JPクール便での配送となります。
 クール便別途かかります。
 なお、この時期はドライ便対応は出来かねますので、予めご了承ください。
   FAX : 03-6730-2781
   EMAIL : info@lavenir-wine.com

※リーファー便での時間指定はお避け下さい。
※JPエクスプレス・クール便は、ラベルダメージが生じる場合がございます。
※JPエクスプレス・クール便は、別途クール代がかかります。

**ご協力よろしくお願いいたします。**
 
このメルマガについてのご意見・ご要望は、Eメールでお寄せください。
mail to: news@lavenir-wine.com

ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。
Facebook
Website
Email
https://www.instagram.com/lavenir_wonderfulwine/
Twitter
ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。

株式会社ラヴニール
l'Avenir -Convivialite autour du Vin-

★ラヴニールワインの効能★
Step1 もっと飲みたくなります
Step2 人に薦めたくなります
Step3 感謝されちゃいます
≪くれぐれも、飲みすぎにはご注意ください!≫

Copyright ©L'Avenir Co.,Ltd., All rights reserved.
Tel.03(6457)5982  Fax.03(6730)2781
www.lavenir-wine.com

Mail Magazine 専用news@lavenir-wine.com
 
メールアドレスの変更をご希望の方は、こちらからお願い致します
メール配信停止をご希望の方は、こちらからお願い致します